たかなんぽ

小鳥遊 ゆう の人生おさんぽ。 takanone.hatenablog.jp/ (ver.2)

無料プログラミングスクールの説明会&面談に参加したよ

プログラマに転職したい。
こんにちは、たかなんです。

無料プログラミングスクールの説明会と面談に参加した

先日、無料のプログラミングスクールの説明会と面談に参加してきました。
同日の参加者は10名ほどで、枠はいっぱいだったようです。
男女比は7:3くらい。

集団説明会

説明会は、とても丁寧でフレンドリーでした。
きっと営業など人当たりのいい人が担当しているんでしょうね。

ほかにも2つほど無料相談のようなものを受けたことがありますが、集団だったのはここがはじめて。

現実を教えてくれた

内容は、いいこともありましたが、転職支援付きのプログラミングスクールのため、現実的な部分も教えてくれました。
例えば、社会人20代・未経験での就職先はSESが多いとか、でも巷で言われているようなブラックSESばかりではないとか。
ほかのスクールの、スクールの説明ばかりというのとは違ったので好感が持てた半分、洗脳しているの?と思えなくもなかったです。

個別面談

その後、受講希望者は面談がありました。
ここでは、おもに受講動機と経歴を聞かれました。
思ったよりも経歴は深く聞かれました。
転職支援があるだけ、就職の可能性は重視されているようでした。

あなたは難しいと言われる

面談の結果、わたしの年齢(アラサー)では、そのスクールの転職支援を利用してのプログラマ転職は難しいということでした。

うーむ……  しょうがないか……

そう思って沈黙していたら、「インフラエンジニアならまだ可能性はある」と言われました。

転職支援付きの無料スクールにありがちですが、転職支援で紹介された企業に就職しなければならないというルールがあります。
これは、スクールは企業からもらう紹介料みたいなもので無料スクールを運営しているからです。

迷いましたが、まあなんとかなるね(おい)って感じで受講を申し込みました。 これが吉と出るか凶と出るかはわかりません。

ひとつ言えることは、「インフラならまあ」って言い出すほど、儲かってないのかなってことです。
難しい人ならやめておけばいいのに。
わたしが難しい顔をして沈黙したせい?

そんなわけでプログラミングスクール受講します

わたしの目標は、今のところ、プログラマです(インフラでおkって言ったのは気のせいかな?) インフラも良さそうだなと思いますが、監視は3交代とか聞くとちょっとそれは無理だなと思うのです。

今、不安に思っていること

やめたくなったらやめられるの?
一応、違約金などはかからないとのことですが、それが逆に怖くて、めっちゃ引き止められるとかあるのかな、と。

あとは、わたし、気が弱いので気に入らない企業に突っ込まれないかな、と。

もちろん、ついていけるのかなって不安もありますけどね。

直近の課題

ところで、面談を通して、いかに自分の人生がブレブレかということ、自己理解していないということを再確認しました。
直近の課題はそこかも。
キャリアの棚卸しなどしていこうと思います。