[2020-10-06]後悔なく生きるということ

どうせだめなのだろうけど、それでも、わかってはいてもやってみるのです。

やらない後悔はいつまでも残りますが、やった後悔は前へ進む原動力なのです。

後悔なく生きるためなのです。

後悔の多い人生ですが、少しでも後悔を少なくしたいのです。

今のわたしを好きになるというのは、わたしには到底できないことです。

そんな人は羨ましくて、そうなりたいと思いますが、やはり無理です。

でも過去の自分よりはまだいいので、それでいいのです。

過去の人よりよいい自分にするためにやるのです。

それが認められなくても、恥ずかしくても、苦しくても、やるのです。