たかなんぽ

小鳥遊 ゆう の人生おさんぽ。 takanone.hatenablog.jp/ (ver.2)

[2020-09-22]写真や人生についてちょびっと考えたよっていう日記なんですよ

おはよう・こんにちは・こんばんは。
takanoneです。

病院に面会に行った

今日はですねー、入院している祖父に会いに行ってきたんですよ。
新型コロナウイルスで面会制限がされていたんですが、余命わずかということなのでロビーに来てもらいました。

認知症もあるので、子(わたしの親)のことも孫のこともわからなかったんですが、記念に写真を撮ったんです。
機材はiPhoneでした。

わたしはちょびっと考えた

いろいろと考えてしまいました。

まずは、写真について。
わたし、元々、スナップショット寄りの写真が特に好きなんですよ。
芸術的な写真も好きだけど、わたしはどっちかというとこういう写真を撮りたいのかなって。
記念撮影が好きというより、一見なんでもない日常だけど、その中に見つける非日常というか、大切な一枚を撮りたいなって。
素人フォトグラファーが何言ってんだって感じなんですけどね。

それから、関連して人生について。
今できることを、今しかできないことを、やろうと思ったんですね。
今の日常を切り取った写真を撮ったり、今のわたしが撮ったり撮られたりするのって、当たり前ですけど、今しかできないじゃないですか。
人生経験値5くらいの人間が何言ってんだって感じなんですけどね。

今を生きようって思ったんです

今を最高に最大限、生きようって思ったって話なんですよ。
わたしだって永遠の24歳ですけど、日々、歳を取り続けているわけです。
死に向かっているわけです。
1年後に死ぬのか、100年後に死ぬのかはわかりませんけど。
生まれた意味とかどうでもいいですけど、とにかくやりたいことやろうって思うんです。

まとまらないけど、以上です。